コンビニ3社、成人向け雑誌販売店 全体の0.2%に

2019/8/27 22:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンビニエンスストア大手3社で成人向け雑誌を取り扱う店舗が9月から全店舗のうち約0.2%になる見通しとなった。1月時点で7割超の店舗で扱っていたが、各社は8月末までに原則取り扱いをやめると表明していた。子供や女性が店舗を訪れやすくし、集客につなげる。

セブン―イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソン(7月末の店舗数計約5万2千店)が、フランチ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]