/

バンダイナムコ、島根のプロバスケチームを買収

バンダイナムコエンターテインメントは27日、島根県に拠点を置く男子プロバスケットボールチーム「島根スサノオマジック」の経営権を同日付で取得したと発表した。チームを運営する山陰スポーツネットワーク(松江市)の株式の56.5%を取得した。ライブイベントの企画などで培ったノウハウを生かして試合会場の演出を手掛け、集客につなげる。

記者会見した宮河恭夫社長(写真右)ら(27日午後、東京・文京)

バンダイナムコエンターテインメントの宮河恭夫社長は「リーグの収益は右肩上がりに伸びており将来性がある」と期待する。山陰スポーツネットワークの社長は中村律氏のまま変わらない。出資額は非公表。

島根スサノオマジックは男子プロバスケットボールリーグ「Bリーグ」の1部に所属する。同チームを世界的なクラブに育て、成長するスポーツビジネス市場を取り込みたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン