「AIのゴッドファーザー」雌伏の30年
華麗なるAI人脈(1)

華麗なるAI人脈
2019/9/1 2:00 (2019/9/2 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

あらゆる産業に浸透し始めた人工知能(AI)。20世紀後半の2度のブームから「冬の時代」を経て幕が上がった復活劇の主役はカナダ東部の街トロントにいる「AIのゴッドファーザー」と2人の弟子。3人を源流とするAI革命を彩る華麗なる人脈を追う。

【次回記事】ザッカーバーグがほれた男 日本にまいたAIの種

■「ディープラーニング」の伝道師

「ディープラーニング(深層学習)」。10年前にはほとんど知られていなかったAIのキーワードを世界に広めたのが、トロント大学名誉教授で「ゴッドファーザー」の異名を取るジェフリー・ヒントン(71)、その弟子でフェイスブックのヤン・ルカン(59)、孫弟子でモントリオール大学教授のヨシュア・ベンジオ(55)だ。AI研究者は3人を「カナディアン・マフィア」と称する。

ヒントンがいるトロントには世界中からAI人材が集まり、今や「北のシリコンバレー」と呼ばれる。200社超のAIスタートアップが生まれ、グーグルや…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]