/

この記事は会員限定です

地元企業、瀬戸芸で育つ 研修活用、土地の魅力知る

[有料会員限定]

瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)2019に国内外から多くの観光客が訪れ注目が集まるなか、地元企業が積極的に関わり始めている。企業が新人研修に取り入れる、ボランティアとしての参加を募集するなど、芸術祭と相互に支え合い成長を模索する。企業社員は土地の魅力を再認識して仕事に生かし、地域再生を掲げる瀬戸芸の担い手になっている。

瀬戸内アジアフォーラム最終日の24日、小豆島で開かれた会合で、企業と芸術祭をテーマに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り946文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン