経産省、脱炭素に重点 20年度予算の概算要求

2019/8/28 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省の2020年度予算の概算要求と税制改正要望の内容が27日わかった。燃料電池車(FCV)の技術開発といった脱炭素の後押しに重点を置き、FCVなどの燃料となる水素関連の予算額は19年度当初予算比で3割増やす。同省全体の特別会計を含む要求額は同15%増の1兆4292億円になる見通しだ。

28日の自民党の関係部会で概算要求案として示す。脱炭素で特に強化するのが燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]