オオハシ、環境事業拡大へ 燃料削減装置など拡販
Bizブックマーク

2019/8/27 19:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オオハシ(前橋市)は飲食店などで使う食器などの卸売業を手掛ける。市場が縮小する中、第二の事業として注力しているのが、ボイラーの燃料削減装置やバッテリーの再生システムなどを販売する環境事業だ。自治体と協力して導入先を増やし、新たな事業の柱に育てる。

1978年に創業したオオハシは、陶磁器やガラス食器、漆器などを取り扱う。従業員は15人程度と小規模だが、「餃子の王将」など大手飲食店を取引先に持つ。約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]