EV送迎、仮想通貨で 北海道厚沢部町で地域交通実験

2019/8/27 19:47
保存
共有
印刷
その他

情報システム開発のインディテール(札幌市)とTISは27日、北海道厚沢部町で地域交通の実証実験を公開した。2台用意した電気自動車(EV)を町民がタクシー代わりに利用する。路線バスなど公共交通機関が乏しい過疎地で、住民が移動しやすい仕組みづくりをめざす。

北海道厚沢部町での地域交通実験で、送迎に使われるEV

北海道厚沢部町での地域交通実験で、高齢者らを送迎するEV車内に設置された情報端末

実験の名称はISOU(イソウ)プロジェクト。高齢者が使いやすいように、送迎依頼はスマートフォンのほかに固定電話からも受け付ける。

利用代金はブロックチェーン(分散型台帳)による地域限定の仮想通貨「ISOUコイン」で支払う。ISOUコインは町役場などでスマホや専用カードに無償でチャージできる。換金できないようにしてあるため、いわゆる白タク行為には該当しないという。

実験は8月19~30日の予定で、北海道電力日本オラクルなどが協力している。各社は得られたノウハウや改善点を、厚沢部町を含めた過疎地再生に役立てる考えだ。地域通貨や再生可能エネルギーによるEV充電と組み合わせることで、交通弱者対策にとどまらない地域振興を探る。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]