/

この記事は会員限定です

米国生まれ、島育ち 占領期が生んだ沖縄の食文化

基地のある島 沖縄の風景

[有料会員限定]

太平洋戦争末期の地上戦で焦土と化した沖縄。その後、27年間にわたった米軍占領期が沖縄に与えた大きな影響のひとつが食文化だ。終戦後、あらゆる物資が不足した沖縄の人々にとって、フェンスの向こう側の豊かな食文化は憧れそのもの。時間とともにそれは少しずつ手に届き、県民の味として日常に溶け込んだものが少なくない。

8月、沖縄県宜野湾市の国道沿いにある「ジミー」の店舗は地元客でにぎわっていた。ちょうど旧盆前。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2001文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン