米国生まれ、島育ち 占領期が生んだ沖縄の食文化
基地のある島 沖縄の風景

コラム(地域)
2019/8/31 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

太平洋戦争末期の地上戦で焦土と化した沖縄。その後、27年間にわたった米軍占領期が沖縄に与えた大きな影響のひとつが食文化だ。終戦後、あらゆる物資が不足した沖縄の人々にとって、フェンスの向こう側の豊かな食文化は憧れそのもの。時間とともにそれは少しずつ手に届き、県民の味として日常に溶け込んだものが少なくない。

8月、沖縄県宜野湾市の国道沿いにある「ジミー」の店舗は地元客でにぎわっていた。ちょうど旧盆前…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

連載「基地のある島 沖縄の風景」から

電子版トップ



[PR]