/

この記事は会員限定です

衛星データで作付け助言、十勝・オホーツク農協連が実証

[有料会員限定]

宇宙データの農業活用が広がってきた。十勝地方とオホーツク地方の農業協同組合連合会は9月、衛星画像と人工知能(AI)で野菜の品目や作付け面積を把握して農家に助言する実証実験を始める。スマート農業のスペースアグリ(北海道帯広市)と組んで品目や面積を効率的に把握し、農協職員の手間を減らす。

十勝農協連(帯広市)とオホーツク農協連(北見市)が組む意味は大きい。北海道内の畑作面積で十勝地方は1位、オホーツク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン