南海特急の台車亀裂、安全委「脱線可能性あった」

2019/8/27 19:20
保存
共有
印刷
その他

特急「ラピート」の台車に亀裂が見つかり、調査のため車両基地に入る運輸安全委員会の鉄道事故調査官ら(27日午後、大阪府泉佐野市)=共同

特急「ラピート」の台車に亀裂が見つかり、調査のため車両基地に入る運輸安全委員会の鉄道事故調査官ら(27日午後、大阪府泉佐野市)=共同

南海電鉄の特急「ラピート」の台車に亀裂が見つかった問題で、運輸安全委員会の鉄道事故調査官は27日、大阪府泉佐野市の車両基地で台車を確認した後、記者団に対し「脱線につながる可能性もあった」と指摘した。

【関連記事】南海特急ラピート、台車に14cm亀裂 安全委が調査

調査官によると、亀裂のあった部分は鉄製。溶接された部分で横方向に約14センチの亀裂があった。運輸安全委は重大インシデントと位置付けており、調査官は「亀裂があるまま走行すると、部品の落下や脱線など最悪の事態につながりかねない。異常音の中で走行を続けたことが正しかったかどうかなど、今後調査したい」と述べた。

南海によると、23日午後6時すぎ、大阪・難波から関西国際空港へ向かう列車内で金属がこすれるような音がするのを車掌が聞いた。関空からの折り返し運転の際も異常音を確認したため、指令所に無線で報告した。

その後、係員が乗り込んで点検したが異常は見つからず、午後11時35分ごろまで230キロ以上、営業運転を継続。回送先の車庫での点検で亀裂が見つかった。〔共同〕

【関連記事】
南海特急ラピート、別編成の台車でも6cmの亀裂
南海の台車亀裂 異音報告も「支障ない」と運行継続
亀裂、ほぼ同じ部分で発生 南海の関空特急ラピート
南海、通勤電車でも亀裂 最大30センチ「力が集中」
ラピート台車亀裂 南海の成長戦略に影響懸念

ラピート亀裂台車生産の日本製鉄、鉄道各社と調査検討
台車亀裂、大阪メトロも確認 インシデントには該当せず
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]