ドイツ景気、堅調内需に影 高まる財政支出圧力
景気後退の瀬戸際に

2019/8/27 19:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ベルリン=石川潤】ドイツ経済が景気後退の瀬戸際に追い込まれている。米中貿易戦争や英国の欧州連合(EU)離脱問題による輸出・生産の落ち込みが最大の原因だが、企業の景況感の悪化が製造業だけにとどまらず、堅調だったサービスや商業部門にも広がりつつある。ドイツ経済の落ち込みは欧州全体に悪影響を与えかねず、国内外から財政出動を求める声が強まっている。

独連邦統計庁が27日発表した4~6月の国内総生産(G…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]