特典で顧客囲い込み、家電の無償修理など 四国電力

2019/8/27 19:11
保存
共有
印刷
その他

四国電力は27日、福利厚生サービスなどを手掛けるベネフィット・ワンと業務提携し、家庭向け電気の契約者に対して新サービスの提供を10月から始めると発表した。毎月の電気料金に500円(税抜き)上乗せすれば、飲食店などが優待価格で利用できる。冷蔵庫などの無償修理の特典も付く。電力自由化で競争が激しくなるなか、契約者を囲い込む。

大手電力会社は、国の審査を受けずに自由に決める料金と、従来の規制料金の2本建てを続けている。今回の「よんでん暮らしサポート」は、自由料金で契約する四国内63万件の顧客を対象に、28日から受け付けを開始する。

新サービスでは、飲食店や宿泊施設などが優待価格で利用でき、飲食代なら最大で半額になる。また、購入から10年以内の冷蔵庫や洗濯機など6種類の機器を無償で修理する。水回りや鍵などのトラブルを解決するサービスも提供する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]