イズミ、全店でペイペイ導入 29日から

2019/8/27 18:49
保存
共有
印刷
その他

イズミは27日、スマートフォン決済サービス「ペイペイ」を全103店で導入すると発表した。イズミとしてスマホ決済への対応は初めてで、29日に始める。「他社のスーパーも導入しているなかで、必要だと判断した」(同社)という。現金よりも手軽に会計できるようにし、来店客の利便性を高める。

食品スーパー「ゆめマート」では全ての商品が対象となるが、総合スーパー「ゆめタウン」では食品など直営の売り場のみが対象となる。

数あるスマホ決済のなかでペイペイを選んだ理由については、食品スーパーを対象とした還元キャンペーンを9月に実施することが大きかったという。

当面は顧客が自らのスマホで店舗側のQRコードを読み取る方式のみに対応する。店舗側の端末で顧客のスマホ画面のバーコードを読み取る方式についても準備を進めている。ユアーズ(広島市)などグループ会社での導入については各社の判断に委ねる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]