CO2で素材・燃料生産 三菱ケミなど16社が連携

2019/8/27 23:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱ケミカルやJパワーなど16社は、発電所などから出る二酸化炭素(CO2)を回収し再利用する技術の開発で手を組む。CO2をもとに衣料や建材の素材、燃料などを作る技術の確立を目指す。世界の発電のうち6割程度は石炭や天然ガスなどの化石燃料が占める。CO2の排出抑制を進め、地球温暖化対策とエネルギー供給の両立を図る。

16社は近く「カーボンリサイクルファンド」と呼ぶファンドを立ち上げる。素材分野にノウ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]