異例の1ページ宣言 G7サミットの舞台裏

2019/8/28 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フランス・ビアリッツで開いた主要7カ国首脳会議(G7サミット)で採択された宣言文書は異例の1枚紙だった。首脳宣言は各国が詳細な事前調整で練り上げるのが通例で、数十ページに及ぶことも珍しくない。当初は米国と参加各国の溝を意識し、包括的な文書を取りまとめることに消極的だった議長のマクロン大統領の意向が揺れたことが影響した。

「これでまとめたい」。26日の最終日、マクロン氏は事前調整もなくいきなり1枚…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]