/

この記事は会員限定です

連結納税、申告負担軽く 政府税調が見直し方針

研究開発の優遇見直し焦点に

[有料会員限定]

政府の税制調査会(首相の諮問機関)は27日に開いた総会で、企業グループを一体とみなして法人税を計算する連結納税制度の見直しを決めた。一つの子会社でミスがあれば全体で修正が必要になる仕組みを改め、申告に伴う負担を軽減する。一方、研究開発などの税優遇枠をグループ内で共有できる制度を維持するか縮小するかはあいまいで、今後の焦点となる。

政府税調は年明けから専門家会合で具体的な見直し方針を議論しており、2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン