/

この記事は会員限定です

買われぬ高配当株 「利回り」覆う業績懸念

証券部 佐藤亜美

[有料会員限定]

配当利回りが高い銘柄の株価がさえない。米中貿易摩擦や世界景気の先行き不透明感が強い中、相場を支えるのは米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)による金融緩和への期待。緩和による低金利が続けば、配当利回りが高い銘柄の魅力が相対的に高まるはず。ところが、企業業績に対する懸念の高まりが、配当の魅力を打ち消し始めている。

「最近増えている問い合わせといえば、なぜこんなに運用成績が悪いのかという内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1059文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン