変わる企業広告、社会貢献訴え売り上げ向上

鈴木 亮
2019/8/31 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業の広告が変わり始めた。かつては自社の商品、サービスを周知させるのが目的だった広告はその後、企業イメージや理念の訴求を狙うものが目立つようになった。ここへ来て増えているのが、社会への貢献を訴えることで、結果的に売り上げ向上につながる広告戦略だ。企業広告はCM(コマーシャル・メッセージ)の時代からCI(コーポレート・アイデンティティー)の時代に変わり、今やCS(コーポレート・ソーシャル)が主流に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]