奇跡の人 山田ルイ53世

エッセー
2019/9/2 10:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

いよいよ、来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック。筆者にとってオリンピックと言えば、27年前の1992年に開催された、バルセロナ大会である。田村亮子(現・谷亮子)や岩崎恭子といった同世代の活躍に、「それに比べて自分は……」と随分落ち込んだ。おこがましいのは百も承知だが、何しろ当時は、中2の夏から始まった6年間の引きこもり生活の真っ只中(ただなか)。オリンピックが人々に与えるのは、感動や元気…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]