/

申し訳ありませんが、不本意ながらリーダーに

映画監督・脚本家 三谷幸喜氏(上)

映画監督・脚本家 三谷幸喜氏

映画監督や脚本家、劇作家など、様々な顔を持つ三谷幸喜さん(58)。映画「ラヂオの時間」やテレビドラマ「真田丸」など、作品を手がけるたびに話題を集めるヒットメーカーだ。大勢の俳優やスタッフをまとめ上げて作品を完成させる手腕への評価も高いが、本人は「できればリーダー役から逃げ回りたかった」と語る。そんな三谷さんが考えるリーダー像とは。

(下)トップは「怒らない」がいい 楽しませて物事は進める >>

――理想とするリーダーはいますか。

「取材を受けておいて何ですけど、僕は全くリーダーには向いていない、リーダーになりたくなくて、ここまで来た人間なのです。ともかく、責任のあるところに立つのが嫌なんです。そもそも、脚本家はリーダーではないですからね。強いて言うなら副リーダーが好きで、新選組なら近藤勇より土方歳三が好きです。脚本家というのは、監督がいて、そこにサブとしてつく立場です」

「三国志などの歴史が好きですが、やっぱり軍師好きで、諸葛孔明とか周瑜が一番好きですね。人の上に立つ人では、ダメなんです。そばにいてアドバイスをする、客観的に色々なことを見て、的確なアドバイスをするというポジションが『一番格好いい』と小学生のころから思っていました。生徒会長にはならなかったけど、副会長を歴任していました。昔から、そうなんですよね」

役者の人生、責任負えない

――リーダーの補佐役が好きなのですか。

「それで脚本家を選んだようなものですから。とにかく、皆の人生を背負っていくポジションには、なるべく就かないよう、これまで生きてきたつもりです。だけど、学生時代に劇団をつくったときに、座長には絶対なりたくなかったのですが、流れでやらなきゃいけなくなって、しょうがなく何年かやりました。でも『生まれ変わったら、絶対に劇団の座長にはなりたくないな』と今でも思います」

――具体的に何が苦手だったのですか。

「まず、皆を引き連れて飲みに行くのが嫌い。僕は『個』が好きなので、集団が嫌なんですよ。劇団仲間で新宿などに飲みに行くのですが、1軒目が終わって『2軒目、行こうか』って徒党を組んで歩くのが本当に嫌で、ちょっと1回姿を消して、遅れて次の店に行ったりしていました。並んで歩くのも嫌だった。皆チンタラ歩くから『さっさと行こうよ』と声をかけたりして、それくらいリーダーが嫌なんですね」

人間関係が煩わしいし、面倒くさい

「劇団をやっていると、様々な悩みを聞いたり、劇団員同士でケンカになったり、恋愛関係がもつれたり、そういうものも耳に入ってきたり、入ってこなかったりします。そういうのも煩わしいし、面倒くさい。人間関係を脚本などの物語としてつくる分にはいいですけど、『お前とお前がこの人を取り合ってたのか、何で僕は入っていないんだ。感じ悪い奴らだな』と心の中で思ったりしていました」

「ただ、そうはいっても、『彼らのおかげで僕も育ててもらって、深いものが書けるようになった』という思いがあります。劇団がメジャーになって『今後どうするか』となったときに、座長ですら嫌なのに、事務所をつくって社長になんて、僕には絶対にできないので『解散しかない』と思いました。皆にそう話したら、びっくりしていましたけど」

「僕は恩返しとして、劇団員それぞれが入りたい事務所、興味のある事務所を聞いて、一緒にあいさつに行って、全員が希望の事務所に入ったところで解散したんです。リーダーとしてやれたのはそれくらいかな、という感じですね」

――なぜ副リーダーがいいのですか。

「責任がない楽しさですかね。『何で人の人生に責任持たなければいけないんだ』という気持ちがあります。例えば、僕の書いたものを見た人に『人生が変わった』と言われると、『本当にやめてくれ』と思うんです」

「『王様のレストラン』というテレビドラマの脚本を20年以上前に手がけましたけど、たまたま入った店のオーナーやシェフの人に『あれを見てこの仕事に入りました』とかいわれると、『本当に申し訳ない』と責任を感じてしまいます。もし店がつぶれたりしたときに、『あの作品のせいだ』と思われるのって、嫌じゃないですか」

「劇団の俳優は仲間なので思い入れもありますけど、そんな僕ですから『この人たちの人生を僕がこの後、責任を持ってやっていけるのか』と考えると、そんなの無理だし、本当に勘弁してほしかったです」

映画監督、やってよかったけれど…

――映画監督はリーダーではありませんか。

「監督はリーダーですね。だから本当は監督をやりたくなかったんです。僕はいまだに脚本家だと思っていますし、脚本家が監督をしているというポジション。僕が大好きな米国の監督で脚本家のビリー・ワイルダーも『生涯自分は脚本家だ』といっていました。とはいっても、やはり映画というのは監督が中心にいて、監督がリーダーとして機能していくものだとは思います」

――嫌でもリーダーの役割を果たさざるを得ないですね。

「そうなんです。本当はやりたくないけど、劇団の座長とか監督とか、流れでそうなってしまうのが本当につらい。申し訳ないです、こんな人間が監督をやっているということが。もちろんやってよかったと思いますよ。僕はコメディーをつくっていて、笑いのセンスや間など、『こうしてほしい』と思った通りに演出できるのは自分自身だと思っているので、それは監督をやってよかった点だと思います」

小学生時代から補佐役が「一番格好いい」と思っていた

「また飲み会の話になるんですけど、監督が来ないと乾杯も始まりませんし、テーブルに刺し身の大皿が出ていても誰も食べない。それが嫌なんです。それと、カルパッチョがちょっと苦手なのですが、僕が最初に取らなきゃいけないと思うと、『本当に監督やらなきゃよかった』と感じます」

「僕は何年かに1回、映画の世界にお邪魔しているだけで、映画人として劣っているので他の人より勉強しなければいけません。だから、他の人が午前8時に来るとしたら、僕は7時くらいからスタジオに入って、『今日撮る場面をどういうふうに撮ろうか』とか、一人で台本を見ながらセットを歩き回って、『こういう動きにしよう』とか、ずっと考えています」

「でも、それが助監督の耳に入ると、来るんですよ、早く。もう申し訳ないし、できれば一人にしてほしいけど、そうもいかなくて。僕は八方美人なので『皆に好かれたい』という思いがあって、嫌われたくないんです。だから、そういう立場になるのが嫌なんですね」

――格好いいだけがリーダーではないのではありませんか。

「皆さんが僕のことをどう思っているかは謎ですね。僕のつくる映画はすごく特殊だと思います。今の映画はカットを割ってテンポを出す、というのが最先端です。僕はなるべくカットを割らないように考えます。映画の一番のポイントはカット割りだと思いますが、そういうのを使わずにつくろうとするところが僕にはあります。昔のハリウッド映画の方が好きなので『あのテイストを何とか生かしたいな』と思っているからです」

どう思われているのか疑心暗鬼

「でも『絶対時流に合っていないな』と自分でも思いますし、周りの映画のベテランの人たちから『こんな時代遅れのものをつくっているんだ』と見られているんじゃないか、と疑心暗鬼にいつもとらわれています。もちろん現場でスタッフにそんなことを言われたことは一回もないですけど、『心の中で思われていても当然だな』と自分では感じるのです」

――監督として自身で満足できた作品はありますか。

「最初に撮った映画『ラヂオの時間』のときから、僕の監督としてのスタンスは変わっていません。作品のクオリティーを高める前に、まずスケジュールを守る、予算内に収める、です。僕が歴史上の人物で一番好きなのは大村益次郎という幕末の長州藩の軍師です。頭のいい人で、上野戦争で彰義隊を壊滅するときに彼が立てた作戦は完璧で、彰義隊が降参する時間まで全部読んでいたそうです。そういう計算が全部ぴったりはまる、そんなふうに映画を撮りたいと思って、スケジュールと予算は絶対に守るというのが、僕の一番の目的でした。それを達成できて、それが僕はうれしくて」

「皆が本音の部分でどう思っているんだろうというのがすごく気になる」

「もちろん、よりいいものができればそれに越したことはないんですけど、僕にとってその日の撮影の終わりの時間というのはすごく大事です。映画では深夜まで撮影することも多いですが、僕は夕方の5時くらいに終わったりします。スタッフも皆喜んでくれて『三谷組はいい』などと言ってくれますけど、『もっと時間をかけて撮ってください』と本当は思っているんじゃないか、と不安になるのです」

――作品のクオリティーにこだわった方がいいのではないかと悩んでいるのですか。

「僕は別に妥協しているわけではないですが、皆が本音の部分でどう思っているんだろうというのがすごく気になるんですよ。ただ、僕のスタンスは、そんなに粘らない、時間通りに収めたい、というもの。それと、粘ってもそんなに変わらないというのもあります。何テークも撮ったけど、編集で使うのは1テーク目や2テーク目だったりすることがほとんどです」

「俳優さんのモチベーションも1回目だと高くて、集中力も違うし、密度が違います。ミスがあった時にはもう1テーク撮りますけど、やっぱり最初が一番いいんです。俳優さんで『妥協しちゃダメですよ三谷さん』と言ってくれる人もいますが、でも、それは妥協ではないんです。これ以上やっても絶対よくならないとわかったときに、やる必要があるのだろうか、と思っています。それでも、スタッフたちは『粘ればいいのに』って思っているんじゃないかと、また疑心暗鬼になる。その繰り返しですね」

(下)トップは「怒らない」がいい 楽しませて物事は進める >>

三谷幸喜
1961年生まれ。日大芸術学部演劇学科在学中の83年、劇団「東京サンシャインボーイズ」を結成、94年に休団。90年代からテレビドラマなどの脚本家、演出家、映画監督などとして活躍。監督・脚本を手がけ、記憶喪失の総理大臣を主人公にした最新作「記憶にございません!」が13日から全国東宝系で公開。

(笠原昌人)

「私のリーダー論」記事一覧

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン