NEC系、荷物サイズを瞬時に測る機器

2019/8/27 15:46
保存
共有
印刷
その他

NECのシステム開発子会社、NECプラットフォームズは荷物の幅、奥行き、高さを自動で瞬時に計測できる「荷物サイズ計測ユニット」を10月31日に発売する。コンビニエンスストアのレジや物流会社のサービスセンターでの利用を想定する。宅配荷物の取次業務の効率化につなげてもらう。3年間で2000台の販売を目指す。

NECプラットフォームズが発売する「荷物サイズ計測ユニット」のイメージ

機器の大きさは荷台の幅が60センチメートル、奥行き45センチ。店頭のカウンターなど限られたスペースにも置くことができる。荷台に荷物を載せると、小型カメラと独自のアルゴリズムで荷物の幅、奥行き、高さを瞬時に計測。パソコンやタブレットにつなぐと荷物のサイズや荷姿画像をデータとして出力できる。

重量計やPOS(販売時点情報管理)システム、ラベルプリンターなどと組み合わせることで、ユニットに荷物を載せると自動で配送料金を算出したり、配送伝票を作成したりするシステムを構築できる。人による作業の負担やミスを減らし、利用者の待ち時間を減らす。

価格はオープンで想定価格は税別31万円前後。コンビニのレジや物流会社のサービスセンター、ショッピングセンターのサービスカウンターなど、荷物を扱う様々な場での利用を見込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]