/

この記事は会員限定です

新1万円札で脚光の渋沢倉庫、創業者の志を保管

[有料会員限定]

2024年度発行予定の新一万円札の肖像に描かれることが決まった渋沢栄一は、生涯でおよそ500の会社設立に関わった。「日本の資本主義の父」と呼ばれる渋沢が唯一、自身の名を冠した企業が東京の深川にある。1897年に創業した倉庫準大手の渋沢倉庫だ。物流需要の増加を受けて近年は業績好調が続いている。「渋沢イズム」の源泉をたどった。

ホームページのアクセス10倍に

「ホームページのアクセス数が10倍になった」。渋沢倉庫の大隅毅社長は顔をほころばせ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2541文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン