/

開業申請 ネットで完結、福岡市 起業しやすく

福岡市は27日、国と共同で法人設立の手続きを1カ所でまとめてできる「開業ワンストップセンター」を起業支援施設「フクオカグロースネクスト(FGN)」内に設立した。国家戦略特区の枠組みを活用して手続きを全てネット経由で行うため、法務局などの各窓口を訪れる手間を軽減できる。開業申請を電子化で一元化する取り組みは全国初という。

FGNにある相談窓口「スタートアップカフェ」内に開いた。開業手続きは通常、公証役場や税務署といったそれぞれの窓口に申請書類を提出する必要がある。開業ワンストップセンターでは申請手続きをオンラインでまとめられるようにして起業家の負担を軽くする。ネットの活用で定款認証に必要な印紙税(4万円)も不要になる。

スタートアップカフェ内には専任の職員が1人常駐し、手続きを手助けする。原則、誰でも利用できる。同日、九州大学起業部に所属する学生起業家が利用第1号として、テレビ電話を使った電子定款認証手続きをした。同カフェからの創業は200社目となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン