シチズン、復刻モデルから新色 トレンド色で若者狙う

2019/8/27 11:04
保存
共有
印刷
その他

シチズン時計は海外ブランド「ブローバ」の1970年代の人気モデルの復刻版に新色を追加し9月中旬に発売する。機械式腕時計「オーシャノグラファー"デビルダイバー"」に明るめのネイビーとグリーンを新たに採用した。防水性能を示す「666FEET」と明記し、海中でも見やすい文字盤のダイバーズデザインが特徴。デザイン性の高さで20~40代の男性を主なターゲットにする。

シチズン時計は機械式腕時計の復刻モデルに新色をそろえ9月中旬に発売する(カラーはグリーン)

70年代に666フィート(約200メートル)の当時では高い防水能力を実現したモデルで、2018年に約半世紀ぶりに復刻した。666の数値が新約聖書の「ヨハネの黙示録」に登場する獣(悪魔)の数字と同じであったことから「デビルダイバー」の異名で知られるようになったという。

文字盤には「666FEET」と表記し、海中でも見やすいインデックスや蓄光塗料を施した針が特徴のダイバーズデザイン。復刻したモデルが好評だったのを受け、海をイメージさせる明るめのネイビーとトレンドのグリーンを追加した。

トレンドなカラーを採用し、高いデザイン性を求める20~40代男性を主なターゲットにする。水上スポーツやデザインを好む層などの利用を見込む。

「ブローバ」はシチズン時計が08年に買収した米の老舗時計メーカー。10年から日本での取り扱いを開始し、シチズンの海外ブランドとして展開している。

希望小売価格は税別8万4千円。全国の百貨店や専門店などで販売する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]