/

この記事は会員限定です

財政検証に隠された年金官僚の意地

編集委員 大林 尚

[有料会員限定]

若い世代のあいだに漂う年金への不信感をやわらげる薬がある。いま年金をもらっている高齢者への痛みという副作用をともなう薬だ。27日、厚生労働省が社会保障審議会・年金部会に提出した2019年の財政検証結果からは、その処方がいかに難しいかがみえてくる。

財政検証はこの先およそ100年間の超長期にわたって経済や人口動態の変化に応じて厚生年金・国民年金の支給水準がどの程度下がっていくのかを試算し、加入者と受...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1933文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン