/

この記事は会員限定です

大阪都構想の経済効果 試算の前提に賛否

[有料会員限定]

大阪都構想の経済効果を推計した報告書は、10年で最大約1兆1千億円強の歳出削減が見込めると算出した。ただ「人口規模が一定水準より大きいと、行政の効率が悪化する」という報告書の前提について、26日の法定協議会では疑問の声も上がった。試算の根幹に関わる論点で、専門家にも様々な見方がある。

2018年7月に公表された嘉悦学園の報告書は、先行研究や全国の市町村のデータを基に、人口規模と住民1人当たりの歳出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り457文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン