南海特急ラピート、台車に14cm亀裂 安全委が調査

2019/8/26 23:09
保存
共有
印刷
その他

南海電鉄の特急ラピート

南海電鉄の特急ラピート

国土交通省は26日、南海電鉄の特急「ラピート」の台車で長さ約14センチの亀裂が見つかったと明らかにした。運輸安全委員会は同日、重大インシデントとして鉄道事故調査官2人を派遣した。亀裂は24日未明に見つかったが、南海は明らかにしていなかった。

【関連記事】南海の台車亀裂 異音報告も「支障ない」と運行継続

国交省や南海によると、23日夕、運行中に車掌が車両の連結部分から金属がこすれる音がしているのを確認。係員が点検したが異常はなく、上下線で計6本運行を続けた。大阪市内の車庫で点検した結果、連結部分では異常は見つからなかったが、2号車の台車の中央にあるモーター付近で亀裂が見つかった。

車両は6両編成。異常音は2号車と3号車の連結部分でしたという。南海は、国交省に対し「異常音と亀裂の因果関係は分かっていない」と説明している。

南海電鉄の広報担当者は発表しなかった理由について「けが人もおらず、30分以上の遅延や運休もなかった。対応が間違っていたという認識はない」と話した。

南海によると、今回の車両は1994年4月に日本製鉄が製造した。ラピートは大阪・難波と関西空港を結んでいる。

2017年12月には、博多発東京行きのぞみ34号の台車枠に亀裂が見つかり、破断寸前だったことが判明。運輸安全委は新幹線で初の重大インシデントに認定した。台亀裂は台車枠の幅約16センチの底面を貫いて高さ約17センチの両面側でそれぞれ約14センチに達していた。〔共同〕

【関連記事】
亀裂、ほぼ同じ部分で発生 南海の関空特急ラピート
南海特急の台車亀裂、安全委「脱線可能性あった」
南海、通勤電車でも亀裂 最大30センチ「力が集中」
ラピート台車亀裂 南海の成長戦略に影響懸念

ラピート亀裂台車生産の日本製鉄、鉄道各社と調査検討
台車亀裂、大阪メトロも確認 インシデントには該当せず
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]