マツダ小型車「MAZDA3」、乗る人目線の車内空間

日経産業新聞
2019/8/27 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マツダは国内で販売してきた小型車「アクセラ」を全面改良し、海外と同じ「MAZDA3」に名を変えて5月に日本で発売した。同社が手掛ける「新世代商品群」の第1弾商品で、セダンとファストバックの2タイプをそろえる。運転する人の視点にたち、車内空間の細部にまでこだわりぬいた。開発責任者は別府耕太主査だ。

新世代商品の重要なスタートを切る車種の選定に携わっていたのが当時商品戦略本部にいた別府氏だ。「『ファ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]