日米が貿易交渉で合意、自動車なお警戒 食品は歓迎も

2019/8/26 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日米首脳が25日、貿易交渉で基本合意した。焦点の自動車分野で米国側がちらつかせていた関税引き上げや輸入数量の規制はひとまず回避されたが、日本の自動車業界ではなお懸念もくすぶる。農産品では日本側が関税引き下げに応じる見通しで、食品メーカーからは安価な輸入品を調達できるとして歓迎する声も出ている。

「ひとまず関税引き上げは米国から示されず、安堵している」。日系自動車メーカーの幹部は26日、こう漏らし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]