スタートアップ各社「いざ鎌倉」 古都が新たな集積地

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/8/27 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

神奈川県鎌倉市は年間2000万人を集める関東有数の観光地であると同時に、2010年代初めには多くのIT(情報技術)企業が集まって「カマコンバレー」を形づくった街だ。最近ではITにとどまらず幅広い業種のスタートアップ企業が本社を構え、新たな集積地となりつつある。様々な起業家が「いざ鎌倉」の意気込みで集う古都の現状を追った。

■あえて東京ではない場所で

「新しい政治をつくろうとしている僕らの取り組みに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]