/

この記事は会員限定です

かつて共通意思示した首脳宣言 G20機に実効性薄れる

国際法・ルールと日本

[有料会員限定]

フランス・ビアリッツで開いた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は、1ページの宣言文書をまとめて閉幕した。これまでのサミットは議論の成果を長文の首脳宣言などの文書にまとめ、一致した立場を打ち出してきた。日本は自らの主張を国際社会の意思として示すため力を注いでいた。

G7サミットでは数多くの首脳宣言(leaders' declaration)を取りまとめてきた。各国首脳の考え方がそろわないときに議長声...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン