静岡県御前崎市、産廃施設巡り住民投票へ

2019/8/26 20:07
保存
共有
印刷
その他

静岡県御前崎市で計画される産業廃棄物処理施設を巡って、建設の賛否を問う住民投票が実施される見通しとなった。同市議会の特別委員会で26日、賛成多数により住民投票条例案を可決した。9月5日の市議会本会議でも可決すれば、正式に条例が成立する。

施設は大栄環境ホールディングス(神戸市)が計画する「御前崎リサイクルエネルギープラザ」。2021年に着工し、23年の運用開始を目指している。焼却時に出るダイオキシンなどの影響を懸念する声が多く、市民団体が請求要件の有権者の50分の1(538人)を大きく上回る1万1829人分を集め、条例制定を請求。これを受け柳沢重夫市長が6月に市議会に条例案を提出していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]