/

この記事は会員限定です

アートによる地域再生、アジアの国々が瀬戸芸で学ぶ

[有料会員限定]

アジアの国々が現代アートの祭典、瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)2019に熱い視線を送っている。25日に閉幕した夏会期では、アジアの14カ国・地域の芸術や観光などに携わる訪問団が瀬戸芸を舞台に現代アートを活用した地域再生の手法を学んだ。瀬戸内の活性化を目指し、アジアとの交流拡大を進める瀬戸芸の取り組みが、軌道に乗ってきた。

「国際的な芸術祭から学び、農村を豊かにしたい」。アジアのアート関係者らを招き、香...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1464文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン