石川の「スマート交通」 人口減や新幹線延伸に対応
ウエーブ石川

2019/8/27 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

石川県内の自治体が先進技術を使った新しい公共交通を模索している。加賀市は運行経路を自動で設定する乗り合いタクシーの運行を始めた。小松市は駅と空港を往来する自動運転バスを構想する。人口減少や運転手不足で路線バスなどの維持が難しくなる中、効率的で利便性の高い移動サービスを市民や観光客に提供。北陸新幹線の延伸に向けた二次交通の充実につなげる。

「次は加賀温泉駅で3人だな」。加賀市内の病院に停車していた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]