有志連合、深入りは禁物だ 優先すべきはイラン外交
本社コメンテーター 秋田浩之

秋田 浩之
Deep Insight
本社コメンテーター
2019/8/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界にとってエネルギーの大動脈ともいえる中東のホルムズ海峡。その安全を守ろうと、米国が有志連合をつくり、同盟国や友好国に参加を呼びかけている。

米国からボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)とエスパー国防長官が7~8月に来日し、日本に参加を促した。ポンペオ国務長官も8月20日、国連安全保障理事会で各国の協力を求めた。

すでに英国とバーレーン、オーストラリアが参加を決め、韓国も前向きに検討してい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋田 浩之

本社コメンテーター

外交・安全保障

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]