/

吉野家HD、12年ぶり高値 米国産牛肉の関税引き下げで

26日の東京株式市場で吉野家ホールディングス株が6営業日続伸して12年ぶりの高値を付けた。日米貿易交渉の基本合意を受け、米国産牛肉の仕入れ価格が下がるとの思惑から、個人投資家を中心に買いが膨らんだ。

日経平均株価が米中貿易摩擦の激化で大幅安となるなか逆行高となり、終値は12円(0.5%)高の2341円だった。売買代金も前週末の2倍に膨らんだ。

25日に基本合意した日米貿易交渉で、日本が米国産牛肉にかけている38.5%の関税を段階的に引き下げ、環太平洋経済連携協定(TPP)と同水準にすることになった。吉野家HDが提供する牛丼は主に米国産牛肉を使用しており、仕入れコストが下がるとの期待が膨らんだ。

牛丼のサイズ展開を広げ、「超特盛」が消費者に好評。牛丼店「吉野家」の既存店売上高は今期に入り、5カ月連続でプラスを確保。3~5月期は最終黒字に転換した。業績は回復基調にはあるが、予想PER(株価収益率)は1500倍を超え期待先行の面もある。「今後調整局面に入る」(いちよし経済研究所の鮫島誠一郎主席研究員)との指摘も出ていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン