サッカー

水戸市、J2水戸の本拠地増席へ 19年度中に基本計画

2019/8/26 18:12
保存
共有
印刷
その他

水戸市は水戸市立競技場(ケーズデンキスタジアム水戸)の増席に向けた基本計画を2019年度中に策定する。高橋靖市長が26日の定例記者会見で明らかにした。サッカーJ2水戸ホーリーホックが本拠地として使っており、J1クラブライセンス取得の条件を満たしたい考え。

市は基本計画策定に向け、19年度補正予算案に500万円を計上した。20年度以降に基本設計や実施設計などをまとめ、24年度ごろの供用開始を目指すという。

同競技場の収容人数は約1万2000人で、J1ライセンスの基準(1万5000人)に満たない。芝生席(2000人)はJリーグの基準ではカウントせず、ライセンス取得には約5000人分の増席が必要という。市によると増席のための新たな用地取得が厳しく「芝生部分を立ち見席として整備する」(高橋市長)方針だ。

J2水戸は2020シーズンのJ1ライセンス取得に向けて同競技場のほか、収容人数1万5000人を満たす笠松運動公園陸上競技場(茨城県那珂市)の両方を申請している。交付されると笠松運動公園を使うことになるが、水戸市は「(市立競技場の)整備後はケーズデンキスタジアムに戻ってプレーしてもらう」(高橋市長)考え。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカーのU―17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)ブラジル大会第14日は11日、ゴイアニアで準々決勝が行われ、フランスとブラジルが4強入りした。フランスはスペインに6―1、ブラジルはイタリアに2 …続き (10:45)

W杯アジア2次予選のキルギス戦に向け、調整する吉田(中央)ら=共同

 【ビシケク=共同】サッカー日本代表は11日、キルギスとのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組第4戦(14日)に向けて敵地ビシケクで初練習し、1時間ほどで軽めに終えた。今年のW杯予選最 …続き (11日 23:03)

 サッカー男子の東京五輪世代、U―22(22歳以下)日本代表は11日、国際親善試合のU―22コロンビア戦(17日・エディオンスタジアム広島)に向けて広島市内で合宿を開始し、板倉(フローニンゲン)や小川 …続き (11日 21:10)

ハイライト・スポーツ

[PR]