ファミマ、全配送車をクリーンディーゼルに 環境対応

宅配クライシス
2019/8/27 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンビニエンスストアや宅配便の間で二酸化炭素(CO2)の排出を抑える環境対応車両を導入する動きが加速している。ファミリーマートは2025年2月までに、店舗への商品配送に使う約4500台のトラック全てをクリーンディーゼル車に切り替える。17年度比でCO2を1割削減できる。従来も環境負荷を減らす対策を講じてきたが、ESG(環境・社会・企業統治)対応を求める声が高まるなか、一段の取り組みが必要と判断し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]