「シヤチハタ」普及のきっかけに(古今東西万博考)
1970年・大阪

関西タイムライン
2019/8/27 7:00
保存
共有
印刷
その他

社内の確認印や宅配便の受取印などで幅広く使われるインク浸透印「シヤチハタ」。シヤチハタ(名古屋市)が1965年に発売した「Xスタンパー」が原型とされる。スタンプ台がいらないアイデア商品が職場や家庭で普及したきっかけは70年開催の大阪万博だった。

シヤチハタは50年代に「判子から企業の業務合理化に貢献できる」という考えからXスタンパーの開発を開始。前例の無いゴムにインクを浸透させる方法を模索した。…

保存
共有
印刷
その他

関西タイムライン「古今東西万博考」

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]