/

この記事は会員限定です

接見の自由、どう確保 公正裁判と警備の両立課題

[有料会員限定]

刑事事件の容疑者や被告と弁護人との間で保障された「接見交通権」を妨げたとして、国に賠償を命じる判決が各地で相次いでいる。被告が防御権を十分行使できるよう、接見の自由を幅広く認める流れを反映したものだが、被告の逃走といった警備面の懸念を指摘する声も少なくない。公正な裁判と安全確保をどう両立するかが課題になっている。

「面会拒否は特段の事情がない限り違法」。福岡拘置所内で大声を出すなどして保護室に収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン