インドで飲料水販売 ダイキアクシス、浄化槽設置も

2019/8/26 15:47
保存
共有
印刷
その他

浄化槽大手のダイキアクシスは9月、インド・ハリヤナ州に排水処理や飲料水販売を手掛ける合弁会社を設立する。資本金は約600万円で、同社のシンガポール子会社が74%、インドの水事業会社が26%出資する。デリー近郊の学校などに浄化槽を設置する事業や、公共施設や駅に精製装置を整備し、飲料水を販売する事業を展開する。

ダイキアクシスの大亀裕社長らが役員に就任する。同社はインドで2018年に浄化槽製造販売会社を設立するなど、同国での事業拡大に力を入れている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]