/

この記事は会員限定です

「成人」ネット証券の危機感(一目均衡)

証券部 嶋田有

[有料会員限定]

1999年10月に株式委託売買の手数料が完全自由化されて20年。この間、インターネット証券は大手だけで個人売買の約9割を占め、いまや東京市場のインフラとなった。だが、そのネット証券の経営者からは、達成感どころか、危機感の表明が相次いでいる。見えてくるのは、個人の市場参加者が趨勢的に細っていく現実だ。

「非常にショッキングな数字だ」。松井証券の松井道夫社長が語気を強めて指摘するのは、株式売買代金全体に占める...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1018文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン