最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

記者の目

フォローする

日本郵船、「ジャンボ」の航空貨物 なお浮上せず
証券部 松川文平

2019/8/27 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本郵船が航空貨物ビジネスで苦しんでいる。子会社の日本貨物航空(NCA)で整備記録の改ざんなど安全を揺るがす不祥事が発覚して1年余り。運航を再開したものの、旧式の大型機「ボーイング747-8F」は燃費や積載効率の面でコスト高になりがちで、赤字から抜け出せないでいる。米中貿易摩擦で航空貨物の先行きには暗雲が漂い、視界は晴れないままだ。

「すべての可能性はオープン」。NCAの将来について語るある郵船首脳の口ぶりからは、必ずしも事業の継続にこだわらないニュアンスすら伝わってくる。経営トップの長沢仁志社長も「海運とはまったく毛色の違う事業」と経営改革の難しさをこぼす。2020年3月期のNCAの経常赤字は130億円と期初予想の2倍強にふくらむ見通しで、グループ全体の足を引っ張っている。

米中摩擦の影響で半導体の製造装置やFA(工場自動化)関連の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

記者の目 一覧

フォローする

読まれたコラム