2019年9月22日(日)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

井上尚、ドネアが抱負 11月7日WBSS決勝

2019/8/26 14:33
保存
共有
印刷
その他

11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝の記者会見が26日、東京ドームホテルで行われ、世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)王者の井上尚弥(大橋)は「この試合が今後の自分のキャリアにとってどれだけ大切か、また皆さんの期待も自覚している。全てを出し切って優勝したい」と意欲を語った。

東京都内の記者会見で健闘を誓い合った井上尚弥(左)とノニト・ドネア

東京都内の記者会見で健闘を誓い合った井上尚弥(左)とノニト・ドネア

会見には対戦相手でWBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)も出席した。アジア出身ボクサーでは同胞のマニー・パッキャオと2人しかいない世界5階級制覇を達成している実力者は「イノウエはこれまで対戦してきた中でも最強の相手の一人だ。自分の持つ全てをさらけ出したいと思っている」と話した。これまで何度も来日しており、親日家で知られるドネアは「武士道や侍精神の影響を受けてきた。日本で試合をするのが夢だった」とも語った。

2人は井上尚が2回TKO勝ちした5月のWBSS準決勝(英国グラスゴー)のリング上でも対面したほか、井上尚が2階級制覇に挑戦した5年前、相手のオマール・ナルバエス(アルゼンチン)とドネアが対戦経験があったことから、ドネアからアドバイスを受けた縁もある。井上尚は「あのときは対戦するなんて考えたこともなかったけど、このトーナメントが始まったとき、一番やりたいのがドネアだった」という。既にスパーリングも開始している。9月に走り込み合宿を挟み、今後は実戦練習を本格化させていく考えだ。

また、同じ興行で井上尚の弟で世界ボクシング評議会(WBC)同級暫定王者の拓真(大橋)が、正規王者のノルディ・ウーバーリ(フランス)と王座統一戦を行うことも発表された。井上拓は「過去最強の相手。今まで以上に負けられない試合」と意気込みを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

男子フリー74キロ級3位決定戦 米国選手(左)に攻められる奥井真生(21日、ヌルスルタン)=共同

 【ヌルスルタン(カザフスタン)=共同】レスリングの東京五輪予選を兼ねた世界選手権第8日は21日、カザフスタンのヌルスルタンで男子フリースタイルが行われ、五輪実施階級で74キロ級の奥井真生(自衛隊)は …続き (21日 22:28)

 柔道のグランプリ大会第1日は20日、タシケントで行われ、1992年バルセロナ五輪覇者の古賀稔彦氏の次男で男子60キロ級の古賀玄暉(日体大)と、男子66キロ級の相田勇司(国学院大)は、ともに決勝でロシ …続き (21日 1:49)

女子68キロ級3位決定戦でドイツ選手に敗れ、引き揚げる土性沙羅(20日、ヌルスルタン)=共同

 【ヌルスルタン(カザフスタン)=共同】レスリングの東京五輪予選を兼ねた世界選手権第7日は20日、カザフスタンのヌルスルタンで行われ、女子62キロ級で川井友香子(至学館大)が3位決定戦を勝って銅メダル …続き (20日 23:38)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。