/

井上尚、ドネアが抱負 11月7日WBSS決勝

11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝の記者会見が26日、東京ドームホテルで行われ、世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)王者の井上尚弥(大橋)は「この試合が今後の自分のキャリアにとってどれだけ大切か、また皆さんの期待も自覚している。全てを出し切って優勝したい」と意欲を語った。

会見には対戦相手でWBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)も出席した。アジア出身ボクサーでは同胞のマニー・パッキャオと2人しかいない世界5階級制覇を達成している実力者は「イノウエはこれまで対戦してきた中でも最強の相手の一人だ。自分の持つ全てをさらけ出したいと思っている」と話した。これまで何度も来日しており、親日家で知られるドネアは「武士道や侍精神の影響を受けてきた。日本で試合をするのが夢だった」とも語った。

2人は井上尚が2回TKO勝ちした5月のWBSS準決勝(英国グラスゴー)のリング上でも対面したほか、井上尚が2階級制覇に挑戦した5年前、相手のオマール・ナルバエス(アルゼンチン)とドネアが対戦経験があったことから、ドネアからアドバイスを受けた縁もある。井上尚は「あのときは対戦するなんて考えたこともなかったけど、このトーナメントが始まったとき、一番やりたいのがドネアだった」という。既にスパーリングも開始している。9月に走り込み合宿を挟み、今後は実戦練習を本格化させていく考えだ。

また、同じ興行で井上尚の弟で世界ボクシング評議会(WBC)同級暫定王者の拓真(大橋)が、正規王者のノルディ・ウーバーリ(フランス)と王座統一戦を行うことも発表された。井上拓は「過去最強の相手。今まで以上に負けられない試合」と意気込みを示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン