レオパレス、暴かれた無責任施工の実態

コラム(テクノロジー)
2019/9/17 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

いまだ収束しない、レオパレス21の施工不備問題。被害に遭った物件は約2万棟に上る。社会問題となるきっかけは、アパートオーナーによるメディアへの告発だった。問題の物件では、補修費用を巡る訴訟が進行中だ。発覚が遅れた遠因、サブリース契約に潜む問題とは。

■「小屋裏界壁がない」オーナーが提訴

問題が明るみに出るきっかけとなった共同住宅は岐阜市内の長良川近くの敷地に立ち、10戸から成る。木造枠組み壁工法の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]