消費税増税 かすむ「ポスト10%」の遠路
編集委員 清水真人

税・予算
政治アカデメイア
清水 真人
コラム(経済・金融)
コラム(政治)
2019/8/27 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

首相の安倍晋三が率いる自公連立政権が参院選で勝ち、10月から消費税率の10%への引き上げが確定した。旧民主党も加わった3党合意による社会保障・税一体改革の立法から7年。少子高齢化で社会保障費は膨らみ続け、財政の持続可能性も論争の的だが、主要政党の「共通の基盤」となるかに見えた消費税は再び政争の具と化している。ポスト10%論議は遠くかすむ。

■「2年ごとに0.5%」増税案

「2年ごとに0.5ポイント…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]