スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

V2桃田、進化途上の「絶対王者」 世界バド

Tokyo2020
2019/8/26 0:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コートの隅々まで支配するかのような、王者のバドミントンだった。準決勝まで全てストレート勝ちした桃田は、決勝も9点、3点しか与えず圧勝。最後は相手の強打に飛びつきライン際に返すおしゃれなショットで観客を沸かせ、「絶対勝つという気持ちで耐えられた。自信になった」と両腕を突き上げた。

【関連記事】桃田と永原・松本組がV2 世界バド

準決勝であたるはずの難敵ギンティン(インドネシア)が早々敗退。連覇への期…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
女子個人総合決勝 シモーン・バイルスの床運動(10日、シュツットガルト)=共同共同

 予選、団体総合決勝に続く今大会3度目の登場で、3度目の会心の演技を余裕たっぷりに披露した。女王バイルスは「全体的にいい演技ができて最高の気分」と笑みを振りまき、史上最多となる5度目の栄冠の余韻に浸っ …続き (10/11)

男子400メートルリレーで日本は2大会連続の銅。今回は狙いにいって取ったという点で前回大会より価値がある=共同共同

 6日に閉幕した陸上の世界選手権で日本は3つのメダルを獲得した。ロード種目以外で唯一となった男子400メートルリレーは2大会連続の銅。彼らにしたら最低ラインかもしれないが、前回のロンドン大会より狙いに …続き (10/11)

男子団体総合で3位となり、表彰台に上がる日本チーム=共同共同

 【シュツットガルト(ドイツ)=本池英人】体操の世界選手権で団体総合金メダルを目指した日本男子は6種目合計258.159点で2年連続の3位となった。旧ソ連時代以来28年ぶりの優勝を果たしたロシアとの差 …続き (10/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]