東京ムーブメント

フォローする

首都高1000円上乗せ決定 五輪・パラ期間中

Tokyo2020
2019/8/26 5:30 (2019/8/26 12:39更新)
保存
共有
印刷
その他

25日には選手村から新国立競技場までのバスの隊列走行テストが行われた(東京都江東区)

25日には選手村から新国立競技場までのバスの隊列走行テストが行われた(東京都江東区)

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会と政府などは26日に関係者会議を開き、大会期間中に東京都内の首都高速道路でマイカーなどの通行料を1000円上乗せすることで一致した。7月に大規模な交通規制実験を実施したが通行量は十分減らず、選手らの円滑な移動には追加対策が必要と判断した。

国土交通省から示された料金施策案を基に検討し、最終的に1000円が妥当と判断した。

料金上乗せの対象は自家用車や社用車で、物流を担うトラックやタクシー、福祉車両などは除く。午前6時~午後10時に都内を走行した場合に上乗せする。一方午前0~4時は都外も含む首都高全線で、自動料金収受システム(ETC)を搭載した全車両を対象に料金を半額にする。

期間は五輪開会式4日前の20年7月20日から閉会式翌日の8月10日までと、パラリンピック期間の8月25日から9月6日まで。料金を上下させ交通量を調整する手法は「ロードプライシング」と呼ばれる。27日に周辺自治体や関係事業者、業界団体などに説明する。

ロードプライシングの導入は道路整備特別措置法に基づき、首都高が通る都や千葉県、横浜市などの議会で料金改定の同意を得る必要がある。

首都高では入り口約40カ所を順次閉鎖するなど混雑緩和の実験を7月に実施したが、通行量は前年同期比で7%減にとどまった。組織委は選手の輸送などで関係車両の増える大会期間中、全体の通行量を通常より最大3割減らす必要があるとみている。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
20年五輪競技「スポーツクライミング」のルールに準拠した大会を開く

 ジム運営のBOULCOM(ボルコム、東京・品川)は東京・大手町近くで2020年東京五輪の競技に準拠したボルダリング大会を開く。第1弾は10月19日で、千代田区の後援を受ける。同社によると同区内で本格 …続き (9/19)

東京都内の青山通り(国道246号)の遮熱性舗装(写真右)と一般的な舗装(写真:日経コンストラクション)

 道路の遮熱性舗装は2020年の東京五輪・パラリンピックでマラソン選手に快適な競技環境をもたらせるか――。道路関係以外の学識者から遮熱性舗装の効果に異議を唱える声が上がった。
 東京農業大学の樫村修生教 …続き (9/18)

マラソングランドチャンピオンシップのコースとなった日比谷通りを警戒する警察官(15日、東京都港区)

 2020年東京五輪の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、都内で開かれた。五輪とほぼ同じコースで競われた今回のレースは、本番に向けた警備などの最終テストの位置付けだ。警 …続き (9/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]