スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

「銀」の渡名喜、女王に肉薄 世界柔道女子48キロ級

Tokyo2020
2019/8/25 23:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

最後は押せ押せで試合終了のブザーを聞いた。直後、畳の上に寝転がって歓喜に浸ったビロディドの姿は、渡名喜がこの18歳の女王をあと一歩まで追い詰めたことを示していた。

【世界柔道、渡名喜が銀、永山が銅】

「打ち込んできたことが出せたかな」。返り討ちにあった悔しさをにじませつつ、渡名喜も手応えを口にした。ビロディドには昨年の決勝を含めて過去3戦全敗。前回は奥襟をつかまれ「何もできずに負けた」。この1年、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
二回2死一、二塁、逆転の3点本塁打を放つ山田

 初回、先発の山口が2発を浴びていきなり3点を失った。国際大会の決勝では重すぎる、立ち上がりのビハインド。序盤に山田哲に飛び出した逆転3ランが、韓国打線に圧倒されそうな試合展開をがらりと変えた。

【関連 …続き (11/17)

優勝を決め、マウンドに駆け寄る日本代表


 野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「第2回プレミア12」最終日は17日、東京ドームで行われ、日本(2次ラウンド1位)が決勝で2連覇を狙った韓国(2位)を5―3で下して初優勝した。
 日本は先発した山口 …続き (11/17)

日本―コロンビア 後半、ゴール前に攻め込むがクリアされる久保建=共同共同

 2017年12月のチーム立ち上げから36戦目で、ようやく迎えた日本国内での試合。来年の東京五輪で金メダルを目指すチームとしては、勝って大いに気勢を上げたいところだったが、結果は完敗に終わった。

【関連 …続き (11/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]