/

190万人が学校通えず アフリカ中西部、治安悪化

【ナイロビ=共同】国連児童基金(ユニセフ)は24日までに、アフリカ中部と西部で武装勢力の襲撃など治安悪化により190万人以上の子どもが学校に通えなくなったと発表した。カメルーンやブルキナファソなど8カ国で閉鎖された学校は、2017年末からの約1年半で3倍に急増し、計9千校以上だという。

ユニセフは「平和と繁栄の礎となる教育に対する意図的な攻撃とやむことのない脅威は、子どもや家族、地域社会(の未来)に暗い影を落としている」と懸念している。

16年から独立運動が盛んになり治安機関の弾圧が続くカメルーン西部では、最も多い約4400校が閉鎖に追い込まれた。国際テロ組織アルカイダ系勢力などが台頭するブルキナファソとマリ、ニジェールの3カ国では、2年ほどで6倍の約3千校が閉鎖された。

治安以外の要因も合わせ、学校に通えない子どもはアフリカ中部と西部で計約4千万人に達するという。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン